男女

業者に相談

色差計は、製品独特の光沢やくすみも含めて測定し、客観的な数値として表すことができるため、製品の判定をする際に正確に行うことが可能です。どの色差計を選べばよいかについては、業者に相談することで、最適な色差計を選ぶことができます。

カラーチャート

ボタン一つで計測

人は色について、同じものを見ていない状態で伝達することために、さまざまな方法を使いますが、共通認識を持つことは難しいものです。そこで、色をボタン一つで数値化して、その差異まで明確にできる色差計が利用されています。

色見本

色で困っているときに使用

色差計は、これまであいまいであった色に関する評価方法を数値化することで客観的にすることができます。また、特別に資格者などが必要なく、計測技術、分析技術も必要がないため、簡単に導入、使用をすることができます。

女性

ものづくり現場の色の判断

ものづくりの現場では、製品の色も検査が行われます。その際、色情報を数値化する色差計が用いられます。色情報の数値化により、人の目の錯覚や、検査する人毎の基準の違いなどの問題を解消し、より均質化した製品の製造が可能となります。色差計は製造現場以外でも活用されており、様々な分野で役立つ機器となっています。

カラーチャート

明確な規格になります

色差計を導入することで、明確に規格に適合しているか、見た目だけでは判断しずらい色調についての項目のあいまいさを排除することができます。また、この明確さを利用し、普段の工程管理の精度UPにも使うことができます。

色を数字で表現

女の人

誰にもわかりやすい色

一言に赤色といっても、さまざまな色があり、薄い色から濃い色、さらには鮮やかな色からくすんだ色まであり、これが取引上の条件となった場合、判断に主観が入りがちになります。特に、色に関する損害が発生した場合には、しっかりとした客観的な基準を持っておくことで、責任を明確にした発展的な話し合いをすることができます。この色を客観的に表すときに使われるのが色差計であり、色の差を数値化して示すことができるようになっています。色差計は、対象物の色を測定し、基準となる対象物の色と比較した上で、色の差が大きいほど色差は大きな数値で表されるようになっています。一般的に、色差計での色の測定は三つの要素として表され、a値、b 値、L値という空間の一点という概念で表されます。つまり、色差計で計測される色差とは、空間の2点の距離を表しているわけで、誰にでもわかりやすいものになっています。色差計のメーカーからは、色差ΔEについて、その数値毎に目にした場合の差を言葉で表現する目安が示されているため、色差が1.5程度以内であれば、ほぼ同じ、という判定もしやすくなっています。この色差を計測する場合、特に熟練の技術がいるわけではなく、はじめてであってもボタン一つで測定できる点も魅力です。また、色差計は、検査室に設置した大型機械だけではなく、持ち運びの制限のない、携帯用の色差計もあるため、機動力を生かした使い方ができる点も便利です。

RECOMMEND POST

男女

業者に相談

色差計は、製品独特の光沢やくすみも含めて測定し、客観的な数値として表すことができるため、製品の判定をする際に正確に行うことが可能です。どの色差計を選べばよいかについては、業者に相談することで、最適な色差計を選ぶことができます。

カラーチャート

ボタン一つで計測

人は色について、同じものを見ていない状態で伝達することために、さまざまな方法を使いますが、共通認識を持つことは難しいものです。そこで、色をボタン一つで数値化して、その差異まで明確にできる色差計が利用されています。

色見本

色で困っているときに使用

色差計は、これまであいまいであった色に関する評価方法を数値化することで客観的にすることができます。また、特別に資格者などが必要なく、計測技術、分析技術も必要がないため、簡単に導入、使用をすることができます。

女性

ものづくり現場の色の判断

ものづくりの現場では、製品の色も検査が行われます。その際、色情報を数値化する色差計が用いられます。色情報の数値化により、人の目の錯覚や、検査する人毎の基準の違いなどの問題を解消し、より均質化した製品の製造が可能となります。色差計は製造現場以外でも活用されており、様々な分野で役立つ機器となっています。

カラーチャート

明確な規格になります

色差計を導入することで、明確に規格に適合しているか、見た目だけでは判断しずらい色調についての項目のあいまいさを排除することができます。また、この明確さを利用し、普段の工程管理の精度UPにも使うことができます。